黒水牛印鑑

黒水牛印鑑の印鑑のお手入れ方法|印鑑の基礎知識

「永く使用するための印鑑のお手入れ方法」

印鑑は、大切に保管したり意識を向けてあげることで永く使用することが出来ます。管理の仕方が悪いと、感想によるひび割れや虫食いによってハンコの側面が損傷してしまいます。特に、実印の場合は、印鑑の損傷が印面にまで及んでしまうと実印としての効力がなくなってしまうためもう一度実印を購入しないといけなくなります。さらに、実印の変更届や、これまで契約してきた書類も作り直しとなります。

では、どのように管理していけば良いかを素材別に解説していきます。

【黒水牛のお手入れ方法】

オランダ水牛と同じ特徴を持っています。一方で毛糸など純毛を食べる3ミリ程の虫が好んで食べる場合があります。作製して1~2年の間、長期間使用されない場合は防虫剤で虫食いを防いでください。

ただし、日頃使用されますと、人間の手の油や朱肉の油を虫が嫌いますので、食べられる心配はありませんので、ご安心ください。

特に黒水牛印材は乾燥にデリケートな印材ですのでケースに入れて保管しオイルなどでお手入れして下さい。

☆他にもこんな印材のお手入れ方法を紹介しています

本象牙オランダ水牛


おすすめ記事

印鑑についての重要な事が書かれています!➜まずはこちらをご覧ください。

おすすめ記事

黒水牛印鑑
Twitterで繋がりませんか?

印鑑の基礎の最新記事8件

>はん古堂岩井印房

はん古堂岩井印房

あなたの人生をさらに一歩先へ「はん古堂岩井印房」 私たち、はん古堂岩井印房は、お客様の印(しるし)をデザインし価値向上の為になる日本一のコンテンツを目指しています。些細なことでも気が付いたのであればご連絡いただけると幸いです。お仕事のご依頼も、お見積もり喜んで承っております!