はん古堂岩井印房

実印と銀行印・認印との違いって?

実印と銀行印と認印の違いって?

実印と銀行印と認印の違いってそもそも何なのだろう。この事についてはお客様に良く質問されます。まずは、実印についてご説明していきます。

実印とは|法的に財産を管理するもの

 実印というものは、お車の購入や、不動産取引、名義の変更、遺産相続協議書などローンを組む時や重要な契約を執り行う時に必要になってきます。その為、長期間使用しない期間があったとしてもしっかりメンテナンスをしていないと使用しようと思ったら欠けていた・・。なんて事にならないようにしなければなりません。  簡単に言えば実印は、100円ショップなどどこででも買えてしまうような印鑑は偽造されやすいため実印の意味をなしません。また、実印としての効力を全く示しません。

銀行印とは|預金のお金を管理するもの

 銀行印とは、実印の次に重要な印鑑です。銀行などの金融機関に届け出を出すものです。自分の通帳やお子さんの預金をコツコツ貯めていくのに使用します。 簡易的な印鑑を銀行印にしてしまい預金を他人に引き出されてしまったというトラブルをよく聞きます。 銀行印は、実印同様一生使うものなのでよく選んで購入する必要があります。

認印とは|確認や承認の証

 認印というのは、印鑑登録していない印鑑すべての事を指します。主な使用用途は、宅配便や書留の受取、会社で使用することもあります。 また、契約書や婚姻届、出世届など役所で提出する書類に使用する印鑑のことを言います

はん古堂岩井印房
Twitterで繋がりませんか?
>はん古堂岩井印房

はん古堂岩井印房

あなたの人生をさらに一歩先へ「はん古堂岩井印房」 私たち、はん古堂岩井印房は、お客様の印(しるし)をデザインし価値向上の為になる日本一のコンテンツを目指しています。些細なことでも気が付いたのであればご連絡いただけると幸いです。お仕事のご依頼も、お見積もり喜んで承っております!