印鑑セット

はんこ買うならセットがお得!

はんこ買うならセットがお得!

個人経営セット

<個人経営で必要になる印鑑>

雑貨店などの資格が必要の無いお店を開店する場合は、以下のものをご用意する必要があります。

  • 領収書印(ゴム印)
  • 銀行印(彫刻印)
  • 認め浸透印(スタンプ台不要)、この三点セットが必要になります。

店舗を開くにあたり、必ず必要なのが銀行の口座開設です。税務上個人の口座とは別にすることが望ましいからです。 口座名義は 店舗名 代表者(自分の名前)とします。 そして領収書や請求書の作成に必要な領収書用ゴム印が必要です。さらにその領収印の横に認めを押す必要がありますので、認印として 認め浸透印を作製します。 浸透印にする理由は認めは荷物の受取にも使用するからです。商品の仕入や発送などで、頻繁に利用することを考えると朱肉を付ける手間が大変わずらわしくなるためです。 さあ、この3点セットと共に夢の実現をして下さい。

会社設立3点セット

会社設立や個人事業主として開業する際に必要な印鑑セット

<法人設立に必要な印章> 個人経営とは違い、法人として会社を設立するためには色々な手続きがあります。

  1. 会社設立の企画者(発起人)が 会社の概要を決めます。
  2. 法務局で商号調査と事業目的の確認をします。
  3. 会社の代表者印を注文します 。
  4. 定款を作成します 。
  5. 公証役場で定款認証を受けます 。
  6. 金融機関へ資本金の払込みをします。
  7. 会社設立に必要な書類を作成します 。
  8. 法務局へ登記申請をします。
  9. 会社設立完了(法務局へ登記申請して1~2週間程度で会社の登記簿謄本が取得できます)です。なお、法務局の手続が完了した日ではなく、登記申請をした日が会社の設立日になります。
  10. 税金関係と社会保険関係の届出をします 。 以上の手続きが必要になります。

<会社としての法人設立に必要な印鑑>

必要なはんこ 使用用途
代表の実印 会社の登記に必要
各取締役の実印 会社の登記に必要
法人実印(代表者印) 会社の登記に必要
法人銀行印 銀行口座の開設に必要
角印 領収書や請求書の発行に必要です
領収印 領収書の発行に必要です
小切手印 小切手の発行に必要です
   

当店では、セットでの販売も承っております。ホームページへ

印鑑セット
Twitterで繋がりませんか?
>はん古堂岩井印房

はん古堂岩井印房

あなたの人生をさらに一歩先へ「はん古堂岩井印房」 私たち、はん古堂岩井印房は、お客様の印(しるし)をデザインし価値向上の為になる日本一のコンテンツを目指しています。些細なことでも気が付いたのであればご連絡いただけると幸いです。お仕事のご依頼も、お見積もり喜んで承っております!