なぜ日本のハンコ文化がなくならないのか?

重要な書類には、はんこは必ず必要です!

印鑑はなくならない

日本では、役所に書類を出す時、車、
不動産を購入する時、
名義変更、遺産相続、預金通帳を
管理する時など、
重要な手続き全般に、
必ずはんこが必要です。
電子取引・電子申請が普及している
今でも
その文化はなくなりません。
特に若い方は、はんこの必要性を
疑問を持つ人も多いと思います。

事実はんこを常に持ち歩いている人は
あまりいません。
急に必要になったり、はんこを
忘れたりすると、
「どうして日本は、何をするのにも
はんこがいるのだろう!」

と思いますよね?
そして、10年前は韓国や台湾にも
印鑑登録制度がありましたが、
今では日本にしかありません。
今回は日本のはんこ文化が
なぜなくならないのかをまとめてみました。

はんこ文化の始まり

日本には、印鑑登録制度があります。
これは1873年(明治6年)に
制定されたもので、
重要な契約時には必ず署名と
合わせて、
捺印するというものです。

当時欧米のサイン文化も支持されて
いましたが、
中国の官印制度を見習うことに
なりました。
この日まで庶民には印鑑を持つ
権利がありませんでした。
これまでは天皇や武士が、
その権力を表すためのもの
として持てるものでした。

印鑑には長い歴史がありますが、
一般人が使えるように
なったのは最近のことです。

この制定された日、10月1日は
「印章の日」とされ、
全国で使わなくなった印鑑の
供養を行います。

はんこには様々な種類があります。
あなたが大切に築いてきた
財産を法的に管理する「実印」
通帳のお金を管理する
「銀行印」
履歴書、婚姻届、免許の更新の時に
必要なのが、「認印」
その他にも、郵便物の受け取り、
会社の業務担当をあらわす
ときにも使われます。
必要頻度が高いときには、
朱肉いらずのシャチハタが使われます。

関連記事

印鑑とは ゴム印とは 名刺・チラシページはこちら     お子さんへの贈り物に芯持ち印鑑3本セット! 1つの材料から数本しか採れない貴重な芯持ち部分を 芯のある真の大人に育ってほしいと 願いを込めてセットにしてみました&[…]

はん古堂岩井印房

はんこ文化がなくならない理由

はんこ文化がなくならない理由には、2つあります。
民法や法律で定められている民法や
法律で「捺印の必要性」を
規定している箇所は
たくさんあります。
例えば遺言状は自筆の署名と
捺印が必要であることを
民法968条で規定しています。
また刑事訴訟では、裁判官の
「記名押印」
規定しています。
押印がないと、法的な文書として
効力を持たないのです。
他にも「記名押印」することを
規定している
法的文書はたくさんあります。
こういったことから、はんこを
安易に廃止できないというわけです。
ビジネスの場においてもはんこは
必須です。
社会人になって、ハンコを使う
機会の多さに驚いた経験は
ありませんか?
領収書、受領書などに捺す
会社のはんこ。
また、その隣には書類作成人の
個人の認印を捺します。
はんこ文化がなくならない背景には、
紙文化の問題もあるのです。
日本は先進国の中でも、
ビジネスにおいて
紙資源を多く使います。
書類をつくると、
誰が作ったのか誰が
見たのかなどを
一目見てわかるように
しなければいけません。
そうなった時に、サインよりも早い
認印を使う必要があるのです。

最初のページに戻る

ハンコ文化がなくならない理由
Twitterで繋がりませんか?
>はん古堂岩井印房

はん古堂岩井印房

あなたの人生をさらに一歩先へ「はん古堂岩井印房」 私たち、はん古堂岩井印房は、お客様の印(しるし)をデザインし価値向上の為になる日本一のコンテンツを目指しています。些細なことでも気が付いたのであればご連絡いただけると幸いです。お仕事のご依頼も、お見積もり喜んで承っております!

CTR IMG