注目キーワード

車を購入する時に手続きで悩んだら参考にしてみてください「書類手続きの手順」

車購入の際の必要書類について

 車を購入したけど手続するのに書類ありすぎて大変・・・そんな風に思った事ありませんか?お車を購入し、スムーズに手続きが出来るように何が必要か事前に把握しておきましょう。

 今回は車を購入する際に必要になる書類について解説します。

普通車の購入時に必要な書類【ご自分で用意するもの】

実印

実印とは、市区町村の役所に登録申請した印鑑で、公的に認められたハンコです。 役所にハンコを登録することを印鑑登録といい、登録されたハンコを実印と呼びます。車を買う際に必要になってくるので、実印の登録をまだしていない人はあらかじめ役所に登録しに行く事が必要です。

関連記事

自己紹介 弊社では一級技能士が実際にヒアリングさせて頂いております。お客様からは、「印鑑についてしっかり説明してもらえて良かった。」「子供にも印鑑の大切さを知ってもらう事ができて良かった」と、お喜びの声を頂いております。弊社は、印材と[…]

正しい印鑑の作り方

実印登録申請のしかた

1.登録申請に必要なものを用意する。

サイズは、13.5ミリ~18ミリのものが一般的。彫刻する文字数は、男女ともにフルネームが一般的だが、女性は下のお名前で作られる方も多い。

登録できる印鑑は市区町村によって異なるため、一度確認することをおすすめします。

 

・パスポート ・運転免許証

※健康保険証などでも本人確認書類として機能します。しかし、健康保険証などを本人確認書類としての証明が必要なため、下記の様な手順で手続きをします。

  1. 自宅に回答書付きで印鑑登録の紹介書が届く
  2. 回答書に必要事項を記入
  3. 回答書を持参して印鑑登録の手続き

印鑑登録証明書発行の費用について

各市町村で異なりますので、下記を参考にしてみてください。

  • 黒部市役所の場合・・・300円
  • 魚津市役所の場合・・・300円
  • 滑川市役所の場合・・・300円
  • 入善町役場の場合・・・200円
  • 朝日町役場の場合・・・200円

申請用紙に必要事項を記入して提出

市区町村の役所にある申請用紙に必要事項を記入して提出しましょう。

本人確認書類が運転免許書やパスポートといった顔写真付きのものであれば、即日で印鑑登録が完了となります。

2.名義人の印鑑証明書

実印が“市区町村で確かに登録されているものである”ということを証明するための書類です。

  • 発行場所・・・住民票がある市区町村の役所
  • 費用・・・約300円※地域によって異なる
  • 有効期限・・・発行後3ヶ月以内

車を買う際は、その車の名義人となる人の印鑑証明書が必要です。

車購入時に何がいる?どうやって用意する?
Twitterで繋がりませんか?

お役立ち情報の最新記事8件

>はん古堂岩井印房

はん古堂岩井印房

あなたの人生をさらに一歩先へ「はん古堂岩井印房」 私たち、はん古堂岩井印房は、お客様の印(しるし)をデザインし価値向上の為になる日本一のコンテンツを目指しています。些細なことでも気が付いたのであればご連絡いただけると幸いです。お仕事のご依頼も、お見積もり喜んで承っております!

CTR IMG