黒部市のハンコロゴ

プロローグ|実印とは

初めまして はん古堂岩井印房のブログ管理者の岩井友宏(@iwai_tomohiro)です。「もしかするとあなたは印鑑に対してこんな風に思っていませんか?」

・実印を初めて購入する・印鑑を大切な人に贈りたい・必要になったのでどういうものなのか知りたい

 上記のような方でなくても、実印の知識を知っておくことで将来的にお子さんの金銭的なトラブルの予防にもつながります。そんなあなたの為にはんこに関する記事をまとめてみましたので参考にしてみて下さいね!

おすすめ記事

当サイトのサイトマップです!

実は、ネットで売っている印鑑はこれから印鑑の購入を考えている人にとってかなり不利なものになります。その印鑑には、偽造防止印鑑の役割を担っていない場合があります。
もし、あなたがあなたもしくはお子さんの財産を法的に管理する印鑑を購入したいのであれば、この偽造防止が施された手彫り仕上げの印鑑をお勧めします。
この印鑑は、【はん古堂岩井印房】で作られているものが安心で安全です。なぜなら、以下の作業工程で1つ1つ作られているからです。
印鑑作成の作業工程
まずは、「実印や実印の重要性」についてお伝えします。

今さら聞けないはんこの豆知識

実印と認印の違い

皆さんは実印が必要になった時
認印と何が違うのかなって思ったりしませんか?

「実印の書体は?」「実印の納期は?」「男性用(女性用)の適したサイズは?」「値段は?」

きっとこんな疑問を持たれるのではないでしょうか?
でも正直情報が溢れすぎて何が正しい情報なのかわかりませんよね?

そこで、まずは実印の重要性について解説していきますね。

実印の重要性

実印は、法的に財産を守るカギの
役割を果たします。

また、実印は自動車、不動産を購入する時、また名義変更や遺産相続協議書に捺印する際に必要な重要な印鑑になります。

100円ショップのカギを家のカギにしませんよね?

実印は、あなたが頑張って築いてきた財産を守る大切な役割があり法律上あなたの分身となるものです。

その重要な役割を、「印面」という部分が担っているのです

とにかくものすごーく大切なものなんです!w

実印と銀行印と認印の違いって?

実印と銀行印と認印の違いってそもそも何なのだろう。この事についてはお客様に良く質問されます。まずは、実印についてご説明していきます。

実印とは|法的に財産を管理するもの

 実印というものは、お車の購入や、不動産取引、名義の変更、遺産相続協議書などローンを組む時や重要な契約を執り行う時に必要になってきます。その為、長期間使用しない期間があったとしてもしっかりメンテナンスをしていないと使用しようと思ったら欠けていた・・。なんて事にならないようにしなければなりません。

 簡単に言えば実印は、100円ショップなどどこででも買えてしまうような印鑑は偽造されやすいため実印の意味をなしません。また、実印としての効力を全く示しません。

銀行印とは|預金のお金を管理するもの

 銀行印とは、実印の次に重要な印鑑です。銀行などの金融機関に届け出を出すものです。自分の通帳やお子さんの預金をコツコツ貯めていくのに使用します。

簡易的な印鑑を銀行印にしてしまい預金を他人に引き出されてしまったというトラブルをよく聞きます。

 銀行印は、実印同様一生使うものなのでよく選んで購入する必要があります。

認印とは|確認や承認の証

 認印というのは、印鑑登録していない印鑑すべての事を指します。主な使用用途は、宅配便や書留の受取、会社で使用することもあります。

また、契約書や婚姻届、出世届など役所で提出する書類に使用する印鑑です。

次は、機械彫りと手彫り仕上げの違いについて解説していきます。

機械彫りと手彫り仕上げの違いとは

機械彫りと手彫りの比較をしながら解説します

上記の画像は、「徳川家康」と彫られた印面です。ネットでよく流通している機械彫り+修正なしの印鑑は、上の画像の様に中途半端な作りとなります。

しかし、手彫り仕上げの印鑑もしくわ完全手彫りの場合は、細部までしっかりと仕上げていくので唯一無二の印面に仕上がっていきます。

はん古堂岩井印房の職人は、印象彫刻一級技能士の国家資格を持っています。手彫りで作成する際は、筆で文字の配置バランスを意識しながら一字一字丁寧に書いていきます。

男性と女性それぞれの実印の選び方


男性と女性それぞれに適した実印とは何でしょうか。みんなどうしてるの?って気になりませんか?実印は、一般的には姓名彫刻が基本です。下記の、良くいただくご質問にそって解説していきます。

  • 女性用の実印や銀行印は、今の苗字で作るべき?
  • どうして実印はフルネームなの?

【女性用】実印や銀行印の選び方

基本的に実印は、偽造防止など安全面を考えると【姓名彫刻】がおすすめです。結婚後名字が変わる可能性があるので、「下の名前」で作成し後で姓名入りの実印を用意されると良いでしょう。

女性の銀行印は、結婚のタイミングで苗字がかわるので、銀行印を作成し取引のある銀行窓口で変更届を行います。

【男性用】実印や銀行印の選び方

 男性用の実印はご結婚され子供が産まれます。数年後、新居を購入し、ローンを組みます。また独身の場合であっても男性の存在というのは一家の柱です。

そんな立場のあなたの実印が安易に購入できるものだったり既製のものだと偽造されてしまって財産をなくし人生を狂わせかねません。

実印は、法的にあなたの財産を管理してくれる重要なものです。

男性用の銀行印は、名字で作られる方が多いです。ただし、既製品を銀行印としてしまうとあなたの銀行印に似通った印鑑は世の中に出回っていますので偽造や預金を降ろされるといった先々の金銭トラブルを招く原因となるかもしれません。

「大丈夫!大丈夫!」と思っている貴方!

その考え自体が危険であり、ましてや家族や子供の大切な預金ならなるべくはんこの専門店「はん古堂岩井印房」でお買い求めいただくと安心して生涯使用していけるかと思います。

長く使用していく為の素材を選んだ方が良い理由

なぜ、永く使用していける素材を選んだ方がいいかわかりますか?

実印、銀行印、認め印の大切なのは、「印面(文字が刻まれている部分)」です。

当店では、お客様の財産を管理する大切な印鑑正しい手順で作成し1本1本大切に作成します。

そうやって作られた印面を永く使用していく為に耐久性の良い素材の方が良いというわけなんです。

柘植(植物系の物)は、朱肉(油)を吸い取りやすく劣化しやすいです。あなたの大切な局面で使用しようとしたら欠けてしまった・・・などという事がないように安心して使用できる素材を選びましょう!

男女のはんこのサイズと素材の種類

男性用と女性用の実印のサイズとは

ではどういった印鑑を作れば良いのでしょうか?まず大原則として、実印として登録できる名前は「苗字」「名前」「フルネーム」のどれでも問題はありません。

では、なぜ人によって違うのでしょうか?それは、使用者の用途と背景によって大きく異なっているのです。

例えば、女性の場合、結婚されますと、苗字が変わります。ですが、結婚前の苗字で印鑑登録してしまうと結婚後使用できませんよね。そういった失敗を防ぐために、まずは、銀行印を「下のお名前」で作成。実印は、結婚後旦那様の苗字を加え「フルネーム」で作られることをおすすめします。

男性の場合は、お婿さんに入らない限りは苗字はかわりません。ですので「フルネーム」で作られる方が圧倒的に多いです。

印鑑の素材の種類

柘植(つげ)


柘植(つげ)の実印とは、木製印材の中では古くから実印用に愛用されてきた印材で、一般的な印鑑の材料として多く普及しています。印鑑以外にも将棋の駒などにも使用されています。

2本象牙(ほんぞうげ)


象牙は「印材の王様」と云われ、縁起も良くエナメル質で腐る事がありません。脂肪分が含まれ黄色みがかかった物もありますが象牙のランク的に申しますと純ぞが高い上位ランクのものです。

また、当店は環境庁から認可を受けている象牙の正規販売店です。

象牙のお手入れ方法

関連記事

「永く使用するための印鑑のお手入れ方法」 印鑑は、大切に保管したり意識を向けてあげることで永く使用することが出来ます。管理の仕方が悪いと、感想によるひび割れや虫食いによってハンコの側面が損傷してしまいます。特に、実印の場合は、印鑑の損傷が[…]

3牛角(ぎゅうかく)


オランダ水牛は、黒水牛と並んで人気の高い牛の角を加工した印材です。以前は、オランダの植民地であったタイ産の水牛の角を使用していたことからオランダ水牛と呼ばれています。

現在では、主にオーストラリア産が使用されている為、産地の誤解がないように「牛角(ぎゅうかく)」とも呼ばれています。
また、朱肉に馴染みやすいことから綺麗に捺印する事ができます。

オランダ水牛(牛角)のお手入れ方法

関連記事

「永く使用するための印鑑のお手入れ方法」 印鑑は、大切に保管したり意識を向けてあげることで永く使用することが出来ます。管理の仕方が悪いと、感想によるひび割れや虫食いによってハンコの側面が損傷してしまいます。特に、実印の場合は、印鑑の損傷が[…]

3黒水牛(くろすいぎゅう)

黒水牛印鑑は、ベトナムを中心とした東南アジアの水牛の角を加工した印鑑の材料です。

乾燥やひび割れにも強く欠けても彫り直しがききます。また、朱肉に馴染みやすいことから綺麗に捺印する事ができます。

黒水牛のお手入れ方法

関連記事

「永く使用するための印鑑のお手入れ方法」 印鑑は、大切に保管したり意識を向けてあげることで永く使用することが出来ます。管理の仕方が悪いと、感想によるひび割れや虫食いによってハンコの側面が損傷してしまいます。特に、実印の場合は、印鑑の損傷が[…]

はんこ買うならセットがお得!

個人経営セット

<個人経営で必要になる印鑑>

雑貨店などの資格が必要の無いお店を開店する場合は、以下のものをご用意する必要があります。

  • 領収書印(ゴム印)
  • 銀行印(彫刻印)
  • 認め浸透印(スタンプ台不要)、この三点セットが必要になります。

店舗を開くにあたり、必ず必要なのが銀行の口座開設です。税務上個人の口座とは別にすることが望ましいからです。 口座名義は 店舗名 代表者(自分の名前)とします。

そして領収書や請求書の作成に必要な領収書用ゴム印が必要です。さらにその領収印の横に認めを押す必要がありますので、認印として 認め浸透印を作製します。

浸透印にする理由は認めは荷物の受取にも使用するからです。商品の仕入や発送などで、頻繁に利用することを考えると朱肉を付ける手間が大変わずらわしくなるためです。

さあ、この3点セットと共に夢の実現をして下さい。

会社設立3点セット

会社設立や個人事業主として開業する際に必要な印鑑セット

<法人設立に必要な印章>


個人経営とは違い、法人として会社を設立するためには色々な手続きがあります。

  1. 会社設立の企画者(発起人)が 会社の概要を決めます。
  2. 法務局で商号調査と事業目的の確認をします。
  3. 会社の代表者印を注文します 。
  4. 定款を作成します 。
  5. 公証役場で定款認証を受けます 。
  6. 金融機関へ資本金の払込みをします。
  7. 会社設立に必要な書類を作成します 。
  8. 法務局へ登記申請をします。
  9. 会社設立完了(法務局へ登記申請して1~2週間程度で会社の登記簿謄本が取得できます)です。なお、法務局の手続が完了した日ではなく、登記申請をした日が会社の設立日になります。
  10. 税金関係と社会保険関係の届出をします 。
    以上の手続きが必要になります。

<会社としての法人設立に必要な印鑑>

必要なはんこ 使用用途
代表の実印 会社の登記に必要
各取締役の実印 会社の登記に必要
法人実印(代表者印) 会社の登記に必要
法人銀行印 銀行口座の開設に必要
角印 領収書や請求書の発行に必要です
領収印 領収書の発行に必要です
小切手印 小切手の発行に必要です
   

当店では、セットでの販売も承っております。ホームページへ

最後に|世間では個人情報流出が問題に

最近、仮想通貨やネットバンクでの個人情報流出が問題となっています。

どれも共通しているのは、ネット上で情報を管理している点ですよね。合理化利便性など聞こえは良いですが必ずしもそれが良い結果を生むとはいえません。

量産品機械彫りよりも、印鑑を当店職人が1から文字を作りながら仕上げていくから安心してお使いいただけるのです。

皆さんはどんな印鑑を使っていますか? そして、今使用している印鑑はしっかりセキュリティが保てていますか?

印鑑買うなら当店にお任せください!はん古堂岩井印房へ!

その為、安心してあなたの財産を法的に管理できるものではありません。当店の印鑑は確信の持てる商品です。先ずは、御来店頂くかお電話にてお問い合わせください。

当店の店舗情報です

関連記事

ご注文の流れ まずは、お電話をいただくかご来店ください  黒部市にお店があるはん古堂岩井印房では、印鑑の重要性についてご説明させていただいた上で、ご成約いただいております。お客様の書体やサイズ、ご予算などをお聞きし親切丁寧にお答えします[…]

はん古堂岩井印房 内観イメージ